" /> 初心者でもわかるキャンプスタイル講座(ファミリーキャンプ編) | 🌻今日も【キャンプ】と【米株】🌻

初心者でもわかるキャンプスタイル講座(ファミリーキャンプ編)

キャンプ

キャンプスタイル Big3

キャンプを始めるには、寝る為のテントが必須ですが、寝る場所だけではキャンプをEnjoyしきれません。
特にファミリーでキャンプを楽しむには。リビングスペースが重要です。
基本的には寝室、リビングをどうするかでキャンプスタイルは決まります。

この記事では寝室、リビングにどのようなスタイルがあるかを紹介します。
最終的には、私があなたに最適なスタイルを決めちゃいます。

オープンタープ+テント

写真はエントリーパックTT ¥49,800です。

 リビング⇒オープンタープ(うり坊はこのタイプです TTではないけど)

リビングはオープンタープで構成されます。
オープンタープは、閉空間にはできないタープです。当たり前?

形は色々あります。代表例を紹介します。ヘキサ(写真のやつ)が一番よく見る形ですね。

・ヘキサタープ(六角形)
⇒設営の手間、日影となる面積、フォルムのカッコよさ全てにおいてバランスの良いタープだと思います。

・スクエアタープ(四角形)
⇒影となる面積は大きいけど、設営に手間がかかる

探せば色々なタイプがあります。

最大の売りは、解放感!!

・解放感:◎
・涼しさ:◎
・温かさ:×
・設営し易さ:〇
・設営スペース:△(張網がスペースとる)
合計:9(◎3点 〇2点△1点×0点)
春〇夏◎秋〇冬×

2ルームテント

snow peak

既出の記事 おすすめ2ルームテント にてどんなものかは紹介済みですが、
ここ数年で各社魅力的な商品を世に送り出しています。

最大の懸案点は、
スペース不足により2ルーム+タープという一番面倒な設営に
ならないようにすることです。快適なんでしょうけど。

中途半端なサイズの2ルームテントはおすすめしません!!

・解放感:△
・涼しさ:△
・温かさ:◎
・設営し易さ:◎
・設営スペース:◎
合計:11(◎3点 〇2点△1点×0点)
春〇夏△秋〇冬◎
 

スクリーンタープ+テント

写真は
 Colemanタフワイドドーム 300+タフスクリーンタープ 400
を連結させてると思う。
お値段は¥28,183+¥36,148=¥64,331(19/2/14 by amazon)

2ルームテントのラインナップが充実しているので、
誰トク?なスタイルかもしれません。

 連結させるなら、2ルームでええやん。

・解放感:〇
・涼しさ:〇
・温かさ:〇
・設営し易さ:△
・設営スペース:〇
合計:9(◎3点 〇2点△1点×0点)
春〇夏〇秋〇冬〇

まとめ

点数を見れば2ルームが1位です。問題は解放感。

細かいことで悩みだすと、決めれないと思うので私が独断と偏見で決めます。
自分に該当しそうなスタイルを選んで下さい。

・夏しかキャンプはしない人
⇒オープンタープ+テント 解放感が最高!

・夏はキャンプしないで、秋、春、冬キャンプする人
⇒2ルームテント あったかいし、寝室へ移動時もシームレス!

・年中キャンプする人で夏の解放感はそんな重視しない人
⇒2ルームテント メッシュがあればそれなりに涼しいとは思う!

・年中キャンプする人で夏の解放感が欲しい人
オープンタープ(夏)+スクリーンタープ(冬)+テント 

さっき思いつきました、意外と良いかも!
私の場合、冬キャンプするなら2ルーム買わんでも、
スクリーンタープ買えば良かったらしい。

どのスタイルでも、失敗ということはないと思います。
初心者は、オープンタープor2ルームが妥当かな。

キャンプを始めるには、い~っぱい準備するものがあるので、
さっさとスタイルは決めてしまいましょう。

これからキャンプをはじめようと思っているそこのあなた、
スタイルを決めて、どのテント買おうかな、たき火台はあれにして、寝袋はあれにして
テーブル、椅子は・・・と無限に考えることがあり、非常に羨ましい。
ぶっちゃけ一番楽しいときだと思います。金はなくなりますが・・・。

初期出費は確実に10万以上かかりますが、家族みんなで楽しめれば十分もとは取れます。

旅館に家族4人で1泊:3万以上
キャンプ場に家族4人で1泊:5000円程度
さあ、少なくともキャンプ場に何泊すればもとが取れるでしょうか?

Let’s camp!!

コメント