" /> ’21/12月株式市場の展望~神々の考察~ | 🌻今日も【キャンプ】と【米株】🌻

’21/12月株式市場の展望~神々の考察~

株式市場の展望

じっちゃま

12/3 楽天証券by Youtube

●2022年の投資戦略
・2022年の米国市場パフォーマンス予想(インデックス)は、±0程度。落胆すべきパフォーマンスになるだろう。でも投資をやめるべきではない。今回の景気拡大局面はまだ若い。通常8~10年続く。始まったばかり。

わしゃひろ
わしゃひろ

こつこつインデックスは積み立てて、22年は眠るかもしれないが、23年の爆上げに期待しよう。

・家計部門は健全。雇用は改善が著しい。賃金も上昇している。米国経済の7割は個人消費の為、景気の腰折れもないだろう。

・FRBの思惑としては、債券買い入れプログラムの縮小(テーパリング)を22年の初頭で終了させ、年央からいよいよ利上げが開始。22年中に2or3回の利上げがされるだろう。

・22年の株価は、実態経済が悪いわけではなく、企業業績が悪いわけでもないが、金利が上昇する為、投資家の払っても良いと思える株価(PER)の閾値が高くなる為である。これはスピード調整で一過性のこと、スピード調整が完了すれば、23年から買っていける。

・21年はVTIといったETFが良かったが、22年は違うだろう。指数は儲かりにくいと予測する。

・ポートフォリオの半分位はコアとしてVTIで良いかなと思う。普段よりも多くのサテライト銘柄(エネルギーや旅行株)を持っておくのが良いでしょう。

わしゃひろ
わしゃひろ

直近の下げで立ち直れないので、指数がやっぱ一番!!て思ったばかりなのに、なんてこった。バリュー全力買いかぁ。。バリューの罠に僕だけ捕まりそう( ;∀;)


●注目セクター
・エネルギーといった 経済再開銘柄に注目している、22年は原油は上がるだろう。
・21年はVTIといったETFが良かったが、22年は違うだろう。指数は儲かりにくいと予測する。
・22年は去年とは真逆で、割安セクター、個別株重視の投資戦略にすべき。

●22年は中間選挙の年
・現在の政局は大統領、上院、下院全てが民主党。一般的に全てが一党優勢となると、国民はそれを良いと思わない。⇒選挙は荒れるということかな。
・新大統領の中間選挙がある年を振り返ると下記グラフになる。基本下がり続けて、年末で戻すイメージ。

わしゃひろ
わしゃひろ

アノマリーに近いけど、こうなる確率は高そうですね。。。利上げと中間選挙かぁあれそうですねぇ ⚡ 積み立て投資には最高のチャート!!

●参考銘柄

・PXD⇒優良シェール企業、株主還元も積極的。フリーキャッシュフローの80%を株主還元。
・FANG⇒優良シェール企業、アグレッシブな経営。フリーキャッシュフローの50%を株主還元。
・FLNG⇒LNGタンカー会社
・TRMD⇒世界最大級のプロダクトタンカー
・ENPH⇒ソーラーパネルの直流を交流に変換するマイクロインバーターを製造。

わしゃひろ
わしゃひろ

FANGとVDEは持っているが、もう一個くらい航空かホテルあたりを買おうかな。。
グロースも買っちゃいそうだけど。。㈱UPSTが172$はバーゲンセールだよね。
あ~~どうしよう🤣🤣

KOYO証券 二本柳さん

12/6 stock voice

●11月雇用統計
・雇用統計は強い!!非農業部門の雇用者数は弱かったものの、失業率、労働参加率は以上に強いので、FRBがテーパリング、利上げについての方向性が変わるとは思えない。
・パウエルちゃんはインフレ抑制が一番大事。再任して人が変わった??それくらい方針変わってる。

わしゃひろ
わしゃひろ

残念。インフレがひどいのでどうあがいてもテーパリング、利上げを遅らせる理由にはならんよなぁ。オミクロンはこのまま収束しそうだし。。。

●米国景気
景気の頂上は見えているのか?まだ登山口に入ったばかりだと考える。
金利の上昇余地も大きく、これから更に景気は拡大するだろう。

●グロース株について
コロナ以降明らかにグロースが買われている。アップルのIPHONE減産、ブラックフライデー、サイバーマンデーで統計依頼初めて前年割れ。行き過ぎたグロースには調整入る。銘柄選別が求められる。今までのように何でも上がるわけではない。

わしゃひろ
わしゃひろ

景気の上昇はまだまだ続きそうなので、一安心。銘柄選別が難しい!!!!
XPENGは売却しました。CRWD/VEEV/OKTA/SQ/MQはどうしましょう。
誰か助けてくれよーーー。

12/13 STOCK VOICE

●利上げはいつか?
3月利上げという人はまだ少ないが、3月テーパー終わり次第すぐ利上げというパターンも0じゃない。さすがに3月利上げをマーケットが織り込み始めると、株式市場に摩擦がおこる。
可能性は低いが、構えておいた方が良い。選挙前にインフレ抑制の効果を出したいとなると、3月利上げは消しきれない選択肢。

わしゃひろ
わしゃひろ

まじっすか!? 3月いきなり利上げとFOMCで言われたら、狼狽祭りの予感。
そんなびびらせないでよ、二本柳先生。。。そこまでは考えんかった、勉強になりやす。

●中間選挙の年
インフレひどく、バイデンの支持率も低い為、選挙は苦戦するだろう。
過去を見ても今年は一番下の黒のパフォーマンスで、選挙までは横ばいの可能性が高い。
でも、23年(水色)は明るいので、今年は我慢して下がったら拾っていく投資戦略でもよいのではないか?

わしゃひろ
わしゃひろ

安ければ買うで1年我慢か。。ただの損切りしない頭お花畑おっちゃんになりそうな気もする。。でも安くなったら買うのはMUSTだな。じっちゃまと似た予想っすね。

●GOLD
金は、今年は利上げの年なのでつらいだろう。ぎゃくふーーーです。

わしゃひろ
わしゃひろ

金は買わないので、関係なしっと。

12/20 Srock voice

●オミクロン株
南アの状況をみると、感染者は急激に増加しているものの、死者は少ないので、今のところリスクオフ全開とまではいかないだろう。注意を払う必要はあるが、そんなにびびるな。

●FOMC
株安の本質はFOMCのタカ派スタンスによるものだろう。

●今後の見通し
金融相場から業績相場へ移動。業績がより伸びる銘柄が選別される。
今年のSP500の上昇率の寄与度をみると、APPLEが非常に高く、アップルがなければ史上最高値にならなかったかも。
12月からは、上昇寄与度トップ10のうち6銘柄がダウ(青字)
来年の相場はグロースよりはバリュー、NASDAQよりはダウ、シクリカル銘柄が主導するだろう。シクリカルであれば、世界の景気敏感株である日本も恩恵を受けるだろう。

わしゃひろ
わしゃひろ

オミクロンにびびらず、業績のよいバリュー株を買えばええねん。ということですが、
バリュー株にはくそ株も混ざっているのでそこが難しいとこ。銘柄教えてくれよ~。

DIS/V/PGあたりか?PGは148$でピーンしてもうたけど。

コメント